2017年5月6日土曜日

夢の店 栁丁

私の憧れの陶芸家、中里隆先生と26年前に初めてお会いした時の感動は、
昨日のことのように覚えています。
その後、中里隆先生から「夢はありますか?」と尋ねられ、
「60歳(当時42歳)になったら、隆先生の器で小さな店をしたいです」と答えました。
すると、先生が、「いつ死ぬかわからないから」と、
器を作ってくださることになりました。

次に店名。
私は勝手に「隆太庵」と決めていましたが、先生からダメ出し。
店の造りが庵というイメージではない。
「隆太」を使うと、他の方の器が使いにくい。
ということで、先生に、光太郎(「練」以前に営んでいたお店)で
お酒を飲みながら考えていただきました。

隆先生…「光太郎さん(私のこと)の好きなお酒は、なんですか?」
私 ………「石川県の菊姫です」
隆先生…「蔵元の名前は?」
私 ………「柳さんです」
隆先生…「柳は『りゅう』と読める。『柳亭』では面白くない。
    『栁丁(りゅうてい)』と言ってもらえるように頑張りなさい」

私の一番好きな隆先生の器と一番好きなお酒菊姫から生まれた夢の店、「栁丁」。
6月から再開できると思うと、病気を忘れてしまいそうです。

栁丁の周りには、筍がにょきにょき。それに合わせるように木の芽が出てきました。
ツワ、ドクダミ、ヨモギ、ノビル・・・天ぷらにしたら美味しそう(^^)
昨年までは料理していましたが、今は我慢しています。

相変わらず入退院を繰り返しながら、6月の開店に向けて体力の強化に努めています。
が、現実はなかなかうまくいきません・・・
只今、体重56.2キロ 身長170.2センチ(3ミリアップ!)

次回のブログは、営業開始日、営業時間、料理、珈琲等についてお知らせできたらと思っています。

和食が体にも心にも優しいなと思う今日この頃です。
たくさんのお手紙、ハガキ、メール、本当にありがとうございます。
感謝!


2 件のコメント:

  1. 最近、本当に和食は体にいいなと思いやりだした、お味噌つくり、玄米、ぬか漬け。

    味も優しいですね。

    もっと心豊かに過ごしたいと考える今日この頃です。

    6月が楽しみになってきました!

    返信削除
  2. 旧姓松永千恵の夫、安武です。
    覚えてらっしゃいますでしょうか。
    同僚の堀米さんから体調を壊されたことをお聞きしました。
    ご無沙汰ばかりして申し訳ございません。
    娘は中学3年生になりました。妻にそっくりです。
    もし、可能ならば、娘を連れてお会いできればと思っています。

    返信削除