2017年5月25日木曜日

お知らせです

随分と暑くなってきたと思ったら、栁丁のそばの川に、少しですが蛍が飛び始めました。
蛍の光を見ると癒されます。。

相変わらず入退院を繰り返していますが、
治療と並行して、6/1から営業を開始したいと思います。

店休日
第2・第4水曜日

営業時間
12時~17時

料理
★「5,400円(税込)のコース料理(飲み物別)」のみ
 ※2日前までにご予約をお願いします。
 ※メインは、お肉か魚介のどちらかをご指定ください。
 ※席は6席しかありませんが、1組の人数が少ない場合は、貸し切りにならないことがあります。

コース料理のご予約がない場合は、以下のメニューをご用意しております。
★「野菜だけのカレー」
  出汁やルー等にも動物性の材料を使わず、自然の温かみが感じられる滋味深いカレーです。
★「魚介湯麺」
  鯛の頭、昆布、鰹節、塩、醤油でスープを作り、シンプルだけどコラーゲンたっぷり、
  身体に染みわたるスープ麺です。
★スペシャリティ珈琲
  栁丁オリジナルブレンド
★デザート
  和洋菓子、バナナジュース

私もまだまだ治療中ですし、スタートしてみなければ、お店がどのような状況になるのかわかりません。ですので、コース料理でなくても、ご来店の前には必ずお電話をお願いします。
私が入院したり体調がすぐれないときは、ママさんが頑張ります!

駐車場はあります。お車でお越しの方はご案内しますので、お電話をお願いします。

ホームページがまだ整っていません。先日、やっと写真撮りをしました。
お店をスタートさせて、営業スタイルに改良や修正をし、ある程度形が整うまでは、
こちらのブログでご案内をしたいと思います。

初心に戻り、楽しんで料理を作りたいと思っています。

追伸 安武さんへ
嬉しいコメントをありがとうございます。
忘れるどころが、脳裏にしっかり焼き付いています。
是非、栁丁においで下さい。お待ちしています!
痩せてますが・・・手の動きはイケてます?!

2017年5月6日土曜日

夢の店 栁丁

私の憧れの陶芸家、中里隆先生と26年前に初めてお会いした時の感動は、
昨日のことのように覚えています。
その後、中里隆先生から「夢はありますか?」と尋ねられ、
「60歳(当時42歳)になったら、隆先生の器で小さな店をしたいです」と答えました。
すると、先生が、「いつ死ぬかわからないから」と、
器を作ってくださることになりました。

次に店名。
私は勝手に「隆太庵」と決めていましたが、先生からダメ出し。
店の造りが庵というイメージではない。
「隆太」を使うと、他の方の器が使いにくい。
ということで、先生に、光太郎(「練」以前に営んでいたお店)で
お酒を飲みながら考えていただきました。

隆先生…「光太郎さん(私のこと)の好きなお酒は、なんですか?」
私 ………「石川県の菊姫です」
隆先生…「蔵元の名前は?」
私 ………「柳さんです」
隆先生…「柳は『りゅう』と読める。『柳亭』では面白くない。
    『栁丁(りゅうてい)』と言ってもらえるように頑張りなさい」

私の一番好きな隆先生の器と一番好きなお酒菊姫から生まれた夢の店、「栁丁」。
6月から再開できると思うと、病気を忘れてしまいそうです。

栁丁の周りには、筍がにょきにょき。それに合わせるように木の芽が出てきました。
ツワ、ドクダミ、ヨモギ、ノビル・・・天ぷらにしたら美味しそう(^^)
昨年までは料理していましたが、今は我慢しています。

相変わらず入退院を繰り返しながら、6月の開店に向けて体力の強化に努めています。
が、現実はなかなかうまくいきません・・・
只今、体重56.2キロ 身長170.2センチ(3ミリアップ!)

次回のブログは、営業開始日、営業時間、料理、珈琲等についてお知らせできたらと思っています。

和食が体にも心にも優しいなと思う今日この頃です。
たくさんのお手紙、ハガキ、メール、本当にありがとうございます。
感謝!