2017年2月3日金曜日

入院

2月1日入院して暫くして、CVポート造設術の手術をしました。
大きな静脈に点滴のカテーテルを留置し、右胸部にポートを埋め込みます。
通常行うような抹消点滴からの抗癌剤投与の場合、
血管炎などが予測されるからだそうです。

手術は部分麻酔だったので緊張しました。
手術室は山下達郎や槙原敬之のCDが流れていました。
それに前日、前々日と、徹夜に近い状態だったので
寝た状態で手術を受けられるかなと思っていましたが大間違い。
手術が始まる前に主治医の先生から研修医の先生が紹介され、なぜか緊張が・・・

手術が始まると、部分麻酔をし、痛かったら又麻酔を繰り返します。
主治医の先生が手術をされると思っていたら、
会話から察するに研修医の先生が手術をされているみたい。また緊張、手に汗が。
(研修医の先生ごめんなさい)
でも無事終了💨

2月2日より、抗癌剤投与が始まりました。
何時もながらの励まし、本当に有難うございます。頑張ります😯

つたない文章で申し訳ありません。

1 件のコメント:

  1. 無事に手術終了何よりです。
    しかし、研修医となると緊張感満載ですね〜
    (*⁰▿⁰*)
    緊張感こちらまで伝わってきました〜

    返信削除